Gaia Symphony ~地球交響曲~ No.6 & 7


Can you sense the calling from GAIA?
地球の声が聞こえますか?



Special Film Screening
Gaia Symphony
地球交響曲 ガイアシンフォニー

~Documentary films you want to share with people you care about~


 ~GAIA SYMPHONY NO.1~6 DIGEST/ENGLISH SUB.~

Supported by YURAKU-JYUKU Vancouver & PIRKA-KOTAN Banff
遊楽塾バンクーバー、ぴりかこたんバンフ 共催

Date :            25th. September, 2011 (Sun)
Place :            Banff YWCA, Training Room (Back Yard)
Admission Fee :      $15.00 per person / per movie

~~ Show Schedule ~~


(1) Gaia Symphony No. 6 ~ Every Existence Resonates Together ~
    地球交響曲第六番 ~全ての存在は響き合っている ~
    2007 Japan, Duration 127minutes
    Ravi & Anoushka Shankar, India – Musician/Sitarist, Kelly Yost, USA – Pianist,
    Roger Payne, USA - Marine Biologist, Yuji Nara, Japan - Bow Spirit Catcher


 Official Trailer ~ GAIA SYMPHONY NO.6 ~

09:40 ~       Doors Open
10:00 ~ 12:10   地球交響曲第六番 (Film in Japanese, no subtitles)
13:00 ~ 15:10   Gaia Symphony No. 6 (Film in Japanese, English subtitles)



(2) Gaia Symphony No. 7 (Film in Japanese, no subtitles)
    地球交響曲第七番 ~全ての生命が潔く、健やかに生き続けるために~
    2011 Japan, Duration 126minutes
    Spontaneous Healing - Andrew Weil / Arizona University, Native Science – Takako Takano,
    Let’s ride on bike - Greg LeMond / Three-time winner of the Tour de France,
    日本神道 霊性の原風景


         地球交響曲第七番 予告編

15:30 ~       Doors Open
15:45 ~ 16:50   地球交響曲第七番メイキング (Film in Japanese, no subtitles)
17:15 ~ 19:25   地球交響曲第七番 (Film in Japanese, no subtitles)
There are currently no English subtitles available, but we will do a screening if the subtitles become available.


Due to limited space, registration is mandatory and must be done either by email to ;
onedayonelifetime●mitakuyeoyasin.ca
or stop by Ureshipa! /うれしぱ! - located in the Wolf and Bear Mall


For more informations :
☆ Gaia Symphony ☆ 
地球交響曲 Official Site


☆ 遊楽塾バンクーバー / YURAKU-JYUKU Vancouver ☆ 
☆ ぴりかこたんバンフ / PIRKA-KOTAN Banff ☆ 
[PR]

# by pirka-kotan | 2011-09-06 03:09 | Gaia / 地球交響曲 2011

!! Special Film Screening !!


!! News !!

We are organizing the following movie event!

Date : 25th. September, 2011 (SUN)

Movie Title :
1) Gaia Symphony #6 (2007 Japan, Original Japanese Film)
2) Gaia Symphony #6 (2007 Japan, Film in Japanese with English subtitles)
3) Gaia Symphony #7 and making movie (2011 Japan, Original Japanese Film)

Supprted & Organized by YURAKU-JYUKU Vancouver & PIRKA-KOTAN Banff

The schedule and more details will follow !!

a0212469_2442028.jpg


!!イベント速報!!

地球交響曲 ~ガイア・シンフォニー~の自主上映会 IN BANFFが決まりました!

日 : 2011年 9月25日(日曜日)

【上映作品】 
1部 :  地球交響曲第6番/日本語版&英語版
2部 :  地球交響曲第7番のメイキング&本編(日本語版のみ)

遊楽塾バンクーバー & ぴりかこたんバンフ 共催

詳しい日程につきましては、決まり次第 こちらのブログでお伝え致します!!


【Contact/連絡先】
Pirka-Kotan Banff / ぴりかこたんバンフ  
連絡先アドレス:  onedayonelifetime●mitakuyeoyasin.ca
                        ↑
              注) ●の部分を @ に代えて下さい。

a0212469_245135.jpg


【About the movie】 映画 地球交響曲 ガイア・シンフォニーについては、こちら。
☆ Gaia Symphony ☆ 




a0212469_2454365.jpg

[PR]

# by pirka-kotan | 2011-08-31 10:01 | Gaia / 地球交響曲 2011

上江洲氏光話会 YYC/YBA 2011 終了



今回、カルガリー/バンフでの光話会は無事に終了致しました。
ご参加下さった皆様には、心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

初めての企画でしたので、至らぬ点も多かったと思います。
今回の光話会についてのご意見がございましたら、次回の参考とさせて頂きますのでご連絡下さい。

連絡先アドレス:
onedayonelifetime●mitakuyeoyasin.ca
            ↑
  注) ●の部分を @ に代えて下さい。


また、ご感想や後日談がございましたら、体験談をシェアさせて頂きたいと思いますので
こちらも是非、ご連絡下さいませ。


次回は、来年の秋を予定しております。
また皆様にお目にかかれることを楽しみにしています。



追記:
バンクーバーでは、11月に光話会の予定がございます。
[PR]

# by pirka-kotan | 2011-08-03 12:57 | 上江洲氏光話会 YYC/YBA 2011

2011年5月 台湾セミナー 質疑応答 その⑪



2011年5月 台湾セミナー 質疑応答 その⑪


【質問⑲】
わたしの仕事は、麻薬などに手を染めて刑務所に収監された人たちへ、もう2度とこのようなことをしないように
カウンセリングをしています。だたし彼らは、ほとんどが25歳~40歳の大人ですが、刑務所を出たり入ったりの
悪循環になっていて、私たちはいったい彼ら達に何をしてあげられますか? どうやって助けることができますか?

【上江洲氏】
その方々を立て直すには、偽我では立て直すことができないでしょうね。 わたしも今のように忙しくなかった当時は、
同じく麻薬によって混乱してる女の子を自分の手元に置いて、家内と二人で面倒を見て立ち直らせた者もいます。 
で、今ねいろんな面でアドバイスとか、いろんな子供たちを立ち直らせるために、いろんな方法がありますけどね、
それは全部同じ型にはまったマニュアルというものをおいて、それでもって指導、導いてるだけなんです。たとえばね、
同じ胃の病気であってもね、現れ方に違いがあるんです。物理的な面、霊的な面、また過去幾転生という人生をね、
正しく生きる事ができなかった結果、今生、全てを修正しようとして、持ち込んできたもの。だから、同じ胃のガンであっても、
医者が治せるもの、治せないものもいるし、同じ薬で治るのもいれば、治らないのもいる。物理的な面というならば、調子が
悪くて医者に診てもらった時に『 あなたは、これ以上、酒を飲みすぎると胃にガンができるよ 』と言われてもやめる事が
できなく、ガンをつくるものが、、物理的な面。霊的な面っていえば、恨み、怒り、嫉妬、、それに燃えて自分自身の胃に
ガンをつくる人間、、が霊的な面。そして3つ目・・・『今生、、いろんな面から正しく生きてるのに、なぜわたしはこのように
ガンという病気を背負うだろう・・ 』と、このように幾転生の人生の中で正しく生きることができることができなかった結果、
全て自分をこのガンという病で清算するために背負って来ているものもいる。これはみなさんカルマだとか、いろんな
言い方をしてるでしょう。だから、このように同じ病気に例えても、みんな現れ方が違う。そのように、同じここに100名の
麻薬に飲んで酔ってる人間を連れてきても、何の目的でその薬物を使用したか、、どういういきさつで全部一人一人が違う。 
だから本当の導き方っていうのは、その人の過去の幾転生が見えるか、、で、この人の性格、個性を完璧に見抜くことが
できるか、、あるいは、今生どういう約束でこの仕事の面でも、、約束で肉体を持ってきたか、、その全てのものが見る事が
できぬかぎりは、けっして完璧なアドバイスは不可能です。たとえばね、彼女がお父さん、お母さんを失った淋しい想いから
麻薬を飲んだとする。真実の無所得無条件の、愛そのものの人間が、この方に触れてちょっとアドバイスしたり、そのように
愛というもので触れるならば、麻薬を飲む必要もなく超越した方々も、いっぱい見てきた。というならば、神に至らない限り、
本当のアドバイスはできない、、ということになるの。でもそれじゃぁ、仕事を失なうことになるからね、どういう方法で
やっていけばいいのか、、。それは、、必ずアドバイスをしたい相手に会う前にね、何分でもいい、、内在の神とコンタクトを
取ってね、、『 神よ、どうかこのわたしの肉体を使って、この者に一番ふさわしいアドバイスが、この伝導体を通して
なされますように、どうか神よ導いてください 』という想いでのぞむこと。なぜ、子供たちがね、学校で教育・・・教育とは
教え育てる、、と書きますよ。正しく教え、育てられているならば、今の子供たちに家庭内暴力、校内暴力、人を破壊して
みたり傷つけてみたり、そのような現象なんて、ありうるはずがない。 なぜ荒れ狂った子供たちが、そこにいるのか、、。
ただ読み書き、計算、、ただ外からの詰め込み教育を受けただけゆえに、完璧な子供が育ってない。 わたしが説く、
本当の教育者、、先生と言うならばね、ひとりだってそういう先生がいないだけに、言葉に言えないこともある。もし学校の
先生がね、50名の子供を預かっているなら、50名の子供のひとりびとりを完璧に見抜いていないかぎり、本当の教育は
できません。幾転生の過去の人生を、どのように生きてきたか、、どういう性格、個性を持っているか、、また今生は何を、、
技術面でもいい、、転職、神からの約束をここに持ってきたか、、。
  
今までわたしがね、荒れた子供たちを日本で見た中で、一番多いケースは、、もう、周りからね、偉い、、と言われた親の
子供たちほど、ぐれた。なぜならば、子供たちはね、お父さん、お母さんよりも、もっとすぐれた技術を(今生)持って
きたのにもかかわらずね、自分が先生だから必ず子供に先生になれ、、で、自分が政治家ならば、政治家になれ、、と
強制で押さえつけられた子供たちは、ある程度小さい時は抑えられているでしょうけど、高校、大学にいって反発して
親を殺した者もいっぱいいる。わたしが5名の子供を今生預かって、1人でもこの世の学校から教えられる読み書き計算、、
そのような教育を押し付けたことはない。『 万物をいたわり、万物を想いやり、万物を愛す事のできる、あなた方になり
なさい 』と、わたしと家内は教育してきた。 だから5名とも、自慢ではないけど、ひとりだって薬一粒飲んだことない、
病気したこともない、美しい子供たちが育ってます。 逆に学校の先生方が、わたしの家内を訪ねて聞きます。 
『 どうしたらこのような子たちが、育てられるんですか? 』と、家内に質問する。竹、、木、、は、なぜ風が来ても
折れないのか、、。竹も右から風が来れば左へ、左から風来れば右へ、と、しなる柔軟性を持ってるから折れないんです。
人間もね、このような柔軟な心を持ってないからね、厳しい状況、厳しい環境にぶつかった時、すぐ折れる。 だから、
子供たちには『 今日は柔らかいベッドの上で、やすらぎ眠ることができた。 明日からは固いコンクリートの上で、固い床で
寝るになっても、絶対にやすらぎを失わないその柔軟な心を持ちなさい。今日は、朝に昼に晩に、三食の食事につけても、
明日からは一食の食事しかつけなくても、けっしてそれに混乱したり、振り回されたり、そのような柔軟性を失なう心で
あってはいけぬ、、』と、説き、導いてきた。自分よりも常に相手を先に想いやれる、労われる子供たちに育って欲しい・・と
わたしは望んできた。だから(五人の子供のうち)1人の子はね、クラスに生まれながらに股関節の悪い子がいて、
もう小学校一年から六年までは同じ学校でしたからね、、中学校からは別れましたが。 で、子供は朝にまず、その子を
迎えに行ってカバンを持って学校に届ける。学校から帰る時は必ずこの子のカバンを持っておうちまで届けてから、
自分はまた部活に行き自分の仕事をこなし、六年間続けた。 どんなにこの世の学問にすぐれても、想いやり、いたわり、
愛の心を失っては、その者はもう失敗。この世の学問は、ほどほどであっても、全てをいたわり、想いやり、愛の心を
失わないならば、神に愛され、全てから愛される。だから、あなた自身が智慧の泉から、全ての答えを引き出せるように、
明想を努力してもらいたい。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【質問⑳】
子供が生まれる時に泣くが、その時家族みんなが泣きやむまで、ずっと抱くという習慣が台湾にありますが、それに
ついてどう思われますか?

【上江洲氏】
それはね、見えない者、知らない者が、観念、概念で描いてる事であってね、本来わたしが意識の世界で生まれてくる
子供たちの泣くというものを捉えたのはね、どうしても我々は悟りにいたるまではね、この肉体船を持って、この現象
世界で何万回輪廻転生を繰り返しながらも、どうしてもこの世界に降りて学ばないといけないの。本当はね、幾転生
という人生の旅を通して、悟るという想いで肉体を持ったにもかかわらず、幾転生も幾転生も失敗してしまった。
また今生も不自由な肉体船を通して、学ばなければいけないのか、、で、(生まれたばかりの赤ちゃんは)泣いている。
もう生まれ落ちた瞬間はね、どうやってこの現象の世界に、どういう約束で、どういうもので来たかは、その瞬間は
知ってるもんだからね、その状態の悲しみを泣いてる。しかし一日、二日、、時が過ぎるにつれて(それを忘れる)、、我々は
過去も伏せられ、未来も伏せられ、約束事も伏せられた盲目の中から手さぐりで、本当の自分が何者かを知るために
(生まれたからこそ)学びの価値がある学校。お父さん、お母さんが子供たちを預かった目的は、本来はただ一つ、、。
宇宙真理という道を正しく歩ませて、悟りへ導いていくのが、お父さん、お母さんが今生子供たちに対する背負った
役割ですよ。しかし、お父さん、お母さんは自分達が迷っているがゆえに、子供たちを導くことができない。だから、不調和の
家庭をつくりあげて、そこで対立して混乱をおこしてる。だからまず我々は、子供を産んでしまっている以上、正しく
導かないといけないけど、まず自分自身が何者かを知り、智慧の泉からどんな問題にも正しい答えを出せる自分になる事。
 


【2011年 5月台湾セミナー 質疑応答 ここまで】





【日程のお知らせ】 最初のページは、こちらからどうぞ。
☆ 上江洲義秀氏 カルガリー/バンフ 2011 ☆ 


[PR]

# by pirka-kotan | 2011-06-28 09:30 | 上江洲氏光話会 YYC/YBA 2011

2011年5月 台湾セミナー 質疑応答 その⑩



2011年5月 台湾セミナー 質疑応答 その⑩


【質問⑰】
わたしは以前明想していた時、とても雑念が多かったが、昨日のセミナーの中では少なかった。でも、首の筋肉が
とてもこっていて、イライラしてる気持ちもでてきて明想が終わった後、落ち込んだけれど、どうしたらいいですか? 
わたしはどんな状態ですか?

【上江洲氏】
愛の波動を受けるということは、、光を受けるということは、中に潜んでいる汚れ全てを引き出してきます。だから逆に
明想することにおいて、未だ体験したことのない苛立ちとか、いろんなもの潜んでいるものは、一点残ることなく全部引き
出されていくから、みなさんはさまざまな体験をしていくでしょう。それはあなた自身の中に、苛立つ癖、また、落ち込む
癖という、その思い癖が中に潜んでいた、、っていうことです。これはね、あなたのようなわたしの体験・・わたしは今生、
肉体生まれてここまで一度も心配や不安や恐怖を持ったことない。生まれて一度も落ち込んだことがなかった。 
ただ一度だけ落ち込んだ体験があります。わたしはどんな落ち込みからも、いかなる試練からも、どんな条件からも、
あなたがたが一回目を閉じて開くまでのまばたきで、どんな厳しさをも乗り越える切り替え力を持っています。その一回
落ち込んだ、、というのはね、おそらく私が肉体持っているうちの最初で最後でしょう。で、わたしがなぜ落ち込んだか、、
という理由が、仕事を終えてきてわたしが夜中の12時から自分の明想室に入って、ソファの上に蓮華座の姿勢で
明想しだした時に、はっきり覚えていませんが、7~8名の聖人の方々がわたしの周りを取り囲んでいました。その聖人の
方々がね、わたしにこういいました。 『これから我々は実相世界で、この地球をどのように救えるか、どのように導くか
会議がある。あなたもその会議に参加したいか?』、、と。わたしは今生、肉体を持った目的を知っています。世界に、
『 人類が一つ、、世界が一つ、、神は一つ、、宇宙が一つ・・ 』を徹底的にわたしはそれを説くために、今生わたしは
肉体を持ってきています。それが理解できぬかぎり、世界に平和がないことを私は知ってます。なるがゆえに、わたしも
ひとことで、『その会議に参加します』と、返事しました。そした時に、その聖人の方々が、みなさんがその光をこの肉の
目で見れば、もう目をつぶすだろうというほどの白光(を放った)・・・それは太陽の光を何億と重ねてもその聖人の放つ
光にはかないません、とうてい、、。で、そのひとりびとりの聖人がわたしに白光を向けましたが、おそらくその聖人方が
わたしにそのように白光、光を向けなかったら、わたしはとうてい今生、その体験それを見出すことはできなかったでしょう。

命がけで、磨いて磨いて、磨きあげてきたつもり、、で、みなさんの前では、『我、完全なり』と断言して言い切ってます。 
(しかし、その時)もし見えない心を見るとして、顕微鏡さえも、どんな道具をもってしても見ることもできないほどの一点の
曇りをわたしは見つけました。そのわたしの意識でもって一点の顕微鏡でもレントゲンでも見えないほどの一点の曇りを
見た時に、7名ほどの聖人方は、『これでは使えません・・』ということで、わたしの明想室から瞬間に消えました。 これほど
命を賭けて、磨いて磨きあげたつもりだけど、ただ顕微鏡でも見ることのできないほどの一点の曇りの汚れのために、
『使えません』と言われたことに、生まれて初めて落ち込みを体験しました。しかしわたしの切替力は世界一のいいものを
持っています。落ち込んではいられませんから、即にあなた方が一回目を閉じて開くまでの一瞬にして切り替えました。 
で、わたしはこういう想いを持ちました。わたしに『使えぬ・・』と言った聖人たちとて、初めからそこに至っている訳ではない。
その方々とて、我々と同じ肉体という表現体を持ち、さまざまな試練や障害、さまざまな苦しみ全てを体験、経験し尽くして、
おのれを完成したに過ぎない。 わたしもこの方々にも負けずにもっと磨きあげて、愛を満たし愛そのものとして、わたしも
完ぺきな神の顕現体となれるんだ、、と、即に切り替えてわたしは立ち上がった。 わたしもどんな聖人の方々にも負けずに
自らを磨きあげて、最高な神の顕現体となるように日々に努力を積み重ねています。だから私の身近にいて私を見ている
家内は、、世界一、わたしを怖い、と、いいます。わたしが進みたい、やりたい所には、命をかけて進むのを見てきてるから。 
今の人間は、自分に優しく自分に寛容な心を持って、人に厳しく裁きます。わたしは全く逆に生きています。他に寛容な心、、
他に想いやり、他に優しく、自分のいたらないところがあるならば、わたしは命がけでわたしは修正し改善します。だから私の
身近にいる家内は、、、『お父さんは、世界一怖い、、』と、いいます。自分の一点のゆがみ、ひずみを命をかけて徹底して、
それを修正し直すから。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【質問⑱】
わたしの趣味は、バイクを乗ることと、美味しい料理をみなさんに作り方を紹介することで、とても好きです。なので、私の
ブログの中で、それらの楽しみをいろいろ書いていましたが、それを読んだ方達の中から・・『 地球環境のために、バイクに
乗ってはいけない、、肉料理を紹介してはいけない 』という批判の声がたくさん出てきました。それについてわたしは矛盾を
感じ、どうしていいかわからなくなった。わたしは地球を愛しているが、バイクを乗ることも大好き。今は、頑張って肉を
食べないようにしてるけど、どこまで地球のためにやればいいのか、、そして黄金時代を迎えるために私たちは
どこまですればいいのか、、ぜひ、先生からアドバイスをいただきたいです。

【上江洲氏】
あなたはね、誰からも非難を受ける必要はありません。また、あなたを非難する権利も、誰も本来は与えられていません。
あなたがバイクを乗り走る事において、地球に、、環境に悪い、とかあなたに批判を与えた方にね、わたしは訊ねたい・・・
『あなたはね、一点もこの地球を汚さない乗りものを乗っているんですか?あなたね、そのバイクとか食するものに
非難を向けるけど、、神、我として絶対なる悟りの境地から生きていますか?』、、と。あなたに非難を向けた、あなたを
裁いた、、その想いその言葉で、その者は大きく(地球を)汚していることを知ってない。たとえばね、わたしが一キロの
肉を食べたとする。で、(別の人が)破壊的な想いか、破壊的な言葉で、そこにその波動を出したというならば、肉を
一キロの肉を食べたものが、この地球を汚してるのか、、あるいは破壊的な言葉ひとことを出した者が汚しているか、、。 
天変地異、天候異変というのは、肉を食べたから起こったではなく、我々のひと言ひと言、話す言葉、おもうその想いが、
破壊的なその積み重ねたものが、天変地異、天候異変を引き起こしてます。

(非難した人達に)・・『あなたは絶対にディーゼルやガソリンや、またそのようなエネルギーを使った車は乗ったことは
ないんですか?』と、言ってみたらいい。わたしもね、(以前は)もし時間があるならば、自分は食べないけど、周りの方々に
美味しい料理を作って、相手の喜びがわたしの喜びでした。わたしがもし台所に立つならば、家内はわたしの美味しさには、
かないません。あなたがたと同じ材料を使っても、わたしの料理は絶対に違います。なぜならば、『完全なる大愛』という
波動で、立ち向かっているから。だから時間があるならば、わたしも料理を作って周りの方々にいつでも分け与えた。 
これは、あなたの愛の表現、、誰から非難を受ける必要はありません。非難を向けた者が、自分自身が放った波動が
ふりかかり、自分自身が苦しみます。 我々は万物の霊長として、全てを許し、全てを愛す権利は与えられているけど、
誰ひとり裁く権利、非難する権利は与えられていません。 自信持って、自分の正しいとする道を進んでください。




【日程のお知らせ】 最初のページは、こちらからどうぞ。
☆ 上江洲義秀氏 カルガリー/バンフ 2011 ☆ 


[PR]

# by pirka-kotan | 2011-06-28 09:01 | 上江洲氏光話会 YYC/YBA 2011
line

イベント情報


by pirka-kotan
line